So-net無料ブログ作成

工藤監督の采配 [野球]

胴上げまで2イニング。ほぼ間違いない。
そうなると、号泣しながら祝勝番組のスケジュールをチェックしなくてはならぬ。
だから、今のうちに工藤監督への想いを書かせていただく。

私自身、ダイエーホークス時代のオルガン奏者であったわけで、
ホークスへの愛は並々ならぬものがある。
50代後半の女性で野球に関する知識コンテストがあれば、
全国大会に進む自信はあるのだ。

工藤監督は、監督一年目なのだ。
いわば初心者マークなのだ。
なのに。
もしかして仰木監督が乗り移った?と思うほど、
采配が面白い。
勝ち試合だけではなく、時折やってくる負け試合でも、
納得のいかない采配が非常に少ない。
そのことに、ただただ感謝しながら、
8回表のピッチャーを誰にするのか、
9回は誰なのか、ワクワクしながら涙ぐんで野球を見ている。

工藤監督、毎日楽しい野球を見せて下さってありがとうございます。
優勝後の試合も、CSと日本シリーズを見据えた様々なことを試しつつ、
素晴らしい試合を見せて下さることでしょう。
ホークスの監督になって下さって、本当にありがとうございます。

9月17日 20:45

にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ぜーーーーったい、納得いかない。 [野球]

日本シリーズ、第5戦。2勝2敗で迎えた、大一番。
勝った方が王手。野球好きにとって、かけがえのない大切な試合。
なのに、あの判定はなんだ。
VTRを見れば、野球を知らない女性だって
「あれは当たってないわよねぇ。」と言うに違いない。
ビデオ判定さえしてもらえれば、結果は火を見るより明らかなのだが。

野球の世界においては、長いことビデオ判定は導入されなかった。
2010年にようやく導入されたものの、それはホームランにおいてのみ。
常に動いている野球というスポーツの特性から、
他のプレーについては導入されていない。

けれども。デッドボールかどうか、危険球かどうか。
これを判定する際にはプレーは止まっている。
ビデオ判定を取り入れても、特に問題はないのではないか。

ホークスファンの私にとって日ハムと巨人の日本シリーズは、
ぜひともどちらかに勝ってほしいという思い入れがあるわけではなく、
フラットな気持ちで客観視しながら楽しめる絶好の機会だ。

もし、ホークスの投手が疑惑の危険球で退場になっていれば、
私の怒りはこんなもんじゃ済まないし、
逆にホークスの打者が当たってもいないのにもんどりうって、
ダメ審判が「危険球!」って言ってくれたら、
「よくやった!えらいぞ!」と褒めて大喜びする。
(ただしそれは、CSやシリーズを除く。たぶん。自信はないけど)

とくダネ冒頭で小倉さんが、
「東京ドームで日本ハムの選手は、頭の辺りにボールが行ったら
頭抱え込んでもんどりうったらいいんだよ。」って言ってた。
もちろん、それはやってはならないことだけど。
でも、よく言って下さいました小倉さん。ありがとう。

もう、昨日までのフラットな気持ちの私じゃない。
あの判定以降、何が何でも日ハムに勝ってほしい私に変身したのだ。

もう、試合のない今日のうちから、メッチャ願かけてやるからね。
この週末は栗山監督の笑顔を見るために生きてやる。


にほんブログ村
   ↑
もう少し落ち着いて・・・と言いたくなった人はクリックを♪
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

やったぜ下剋上。CS第1ステージ突破! [野球]

私が福岡ドームのオルガンスタッフの一員だった2004年、プレーオフ制度が導入された。
その年のホークスは2位とのゲーム差は4.5。本来なら文句なしのリーグ優勝であるにも関わらず、
プレーオフ第2ステージを2勝3敗で西武に敗れ、そのオフには球団売却。
新生ソフトバンクホークスもまた、2005年のプレーオフ第2位ステージでロッテに敗退。
それ以降も、不公平を是正するための様々な制度改正が行われつつも、
ホークス的にはそれが裏目に出る辛い傾向が続き、
長きにわたって日本シリーズ進出を阻まれてきた。

だから、ホークスファンのほとんどは
「プレーオフ」と「クライマックス」という言葉がダイキライ、だった。昨日までは。

あ、お客様の中に西武ファンの方はいらっしゃいませんか?
いらっしゃったらごめんなさい。無防備に喜んでしまいますよ。
もしおられたら、すぐに読むのをやめてくださいね。

初めての下剋上、バンザーイ[exclamation×2]

今朝のとくダネ冒頭で小倉さんが悔しがってたのもちょっと嬉しくて。
セパ共に、3試合目までもつれて、客観的にも面白い第1ステージだったと思います。
客観視出来るはずもないので、心配し過ぎて体はボロボロですが
気持ちはメッチャ上向き。多少の痛みは我慢できますぞ。
さあ、第2ステージへ。良い試合が出来るだけ多く見られますように。


にほんブログ村
     ↑
野球ファン以外、最後まで読まんやろ、と苦笑した人はクリックを♪
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ホークス最終戦。さあ、クライマックスへ! [野球]

ホークスは今日、本拠地最終戦を迎えた。
引退を決めている小久保選手にとって、
クライマックスシリーズを勝ち抜いて日本シリーズに進出しない限り
今日が正真正銘、最後の本拠地。
しかも、今日は小久保選手の誕生日。

そんな大切な日にも関わらず、
オリックスの西勇輝投手にノーヒットノーランを達成された。
西投手には素直におめでとうと言いたい。お立ち台もなくてごめんね。

で、ホークスは試合終了後、セレモニーを行ったのだけど、
秋山監督が一通り挨拶をした後
「今日の試合、ノーヒットノーランをされました。悔しくてなりません!」と言い、
選手一人一人にファンの人に向けた挨拶をするよう仕向けた。

予定になかった全員の挨拶だったが、それぞれの気持ちが聞けて嬉しかった。
これ、来年以降も恒例にしてもらいたいと切に願う。

小久保選手の引退セレモニーには斉藤和己コーチ、
川崎宗則選手もグラウンドに降り熱い握手を交わしていた。

こんな幸せな引き際、そうそうないと思う。ホントにすごいと思う。

「すごい」ついでに贅沢なお願いだが、
クライマックスで勝ち抜いて日本シリーズでもう一度、
小久保選手の笑顔を見たい。野球の神様、伏してお頼みいたします。

普通に書き連ねているが、ホントはセレモニーを見て号泣した直後だ。

      ここで一句  「泣きすぎて、酸欠になった 野球バカ」

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

     ↑
ホントにバカね、と思った人はクリックを♪
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ありがたや!スカパー無料放送 [野球]

マンション大規模修理中につき、「スカパーのアンテナはずしやがれ指令」が出ている。
すでに9月のうちに、10月の料金を払っているのに、だ。
(改修工事のことを念頭に入れていなかった自分のミスであることは伏せておく)

一軍の試合はパリーグTVがあるからパソコンで見られるけど、
なぜかファーム選手権は放送してくれんけんつまらんなぁ・・・・と
やる気のない感じでいやいや衣替えを始めたその時。

堺雅人さんが耳元でささやいてくれた(あくまでイメージです)。

「10日間、スカパーは無料になります。どうかあなたのココロを動かすものと
出会って下さい。」と、あの知的で柔らかな声で・・・。

そうだ。BSスカパーがあるじゃないか。番組表をスクロールする手がもどかしい。
J-SPORT3だ!ファーム選手権だ!映っとるばいお母ちゃん!

すぐに母に電話をする。

「BSば押さんね。押した?メジャーの映っとっとね?そしたら番組表ば押さんね。
押した?動く方に動かさんね。動きよる?えっ?動かんって?」

84歳にしては機械オンチでない母だが、急な話に戸惑っている。
たぶん私の話し方がいくぶん興奮気味(おそらく「幾分」ではないと思うよ)だからだ。
いっこうに番組表を出せない。もうよかよ、と諦めかけている。

「諦めたら負けよ!頑張って!」(何故か標準語、しかもスポ根モード)

それから3分。折り返しの電話がかかり、母も無事ファーム選手権を観ている。
ありがとうスカパー。衣替えの手は思いっきり止まっとるけど、
そげなこつどうでもよか。野球ば見らんば[るんるん]


にほんブログ村

   ↑
野球好き過ぎや、と思った方はクリック♪
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

メキシコさん、ありがとう! [野球]

昨日の敗戦で泡と消えかけていた夢を、
メキシコが取り戻して届けてくれました。
嬉しさのあまり買出しに行って、
今日の夕飯はタコスとチリビーンズ。

日曜の午後、喜びの涙を流したい。
明日は、祈りを捧げながら過ごしたいと思います。


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

仰木彬監督のこと。 [野球]

プロ野球に関わる偉大な人たちの中でも、本当に尊敬していましたし大好きな方でした。
仰木彬監督。この秋に勇退なさいましたが、あえて監督と呼ばせて下さい。

エッセイ「見えないピアノ」の中ではまだ触れていませんが、
私は昨年の秋まで野球に関わる仕事をしていました。球場でオルガンを演奏する仕事です。
仰木さんが近鉄の監督をなさっていた時から、ずっと大好きでした。
私が関わっていた球団とは「対戦相手」になるのですが、
仰木さんが監督をなさっている時は近鉄もオリックスも大好きでした。
わけても、中西太さんが打撃コーチをなさっていた1995年から1997年、
河村英文さんが投手コーチをなさっていた1999年からは、
地元チームを応援する仕事でありながら、気がつくとオリックスベンチに釘付け。
こんなに素晴らしい方達と同じ場所に居られることが信じられず、
ただただ幸せな気持ちで見つめていました。
近鉄バファローズとオリックスブルーウェーブが合併せざるを得なくなり、
双方の球団に深く関わってきた仰木監督に監督就任の要請があった時
お体が心配でたまりませんでしたが、その一方でユニフォーム姿を
もう一度見ることが出来る喜びは何物にも代え難いものでした。

何時間経過しても信じられない気持ちでいっぱいです。
杉浦さんも、河村さんも、寒いこの季節に突然逝ってしまいましたね・・・。
悲しすぎます。寂しすぎます。せめて天国でお酒を酌み交わし、
「お互いにせっかちやなぁ。」と笑っていて下さい。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます